2019年06月14日

服のまま

タガメを撮影してきました。
この時期恒例の卵を守るオスです。

tagame.jpg

車で生息地に向かっている途中気付きました。
「あ、ウェーダー積み忘れた…」
まあいいや、田んぼの際の日よせ(田んぼに引く水を温める浅い場所)で撮影すれば。
ところが毎年のようにタガメが卵を産む杭が、今年はありませんでした。
高い確率でタガメの卵が見られる田んぼに向かうも、そちらはなんと畑になっているではありませんか。
その後も田んぼをいくつか見て回りますが、全く見つかりません。
こうなったらしょうがないということで、ほぼ確実にタガメが見られる池に向かいます。

ひとまず池をぐるりと回り、卵塊を2つ見つけました。
ただ、岸から撮影できるような位置ではありません。
仕方ないなということでカメラを持って服のまま池に入りました。
傍から見たらそうとう怪しいです。
でも、水中に潜み卵を守るオスと、卵塊に水を与える姿を撮影できました。
posted by matsuzawa at 13:01| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。