2019年01月30日

カラドンコとドンコの見分け方

茨城県で定着が確認されているカラドンコ。
日本産のドンコにそっくりですが、
簡単に見分けるポイントがあります。
それが矢印の部分です。

カラドンコ1.jpg
カラドンコ
第一背鰭と第二背鰭が非常に近いです。

ドンコ.jpg
ドンコ
第一背鰭と第二背鰭の間が空きます(イシドンコも同じ)。

カラドンコの胸鰭先端は第二背鰭起点直下に概ね達する(ドンコ、イシドンコともに胸鰭先端は第二背鰭起点直下に届かない)のは、胸鰭が大きいわけではなく、第二背鰭がドンコ、イシドンコに比べて前側に位置するからでしょう。

いずれにしてもプラスチックケースなどに入れて真横から観察すれば、ドンコ、イシドンコか、あるいはカラドンコなのかはすぐに分かると思います(もちろんその三種のいずれかしかいないという前提で)。
posted by matsuzawa at 09:55| Comment(0) | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。