2019年01月14日

ミノアンコウの偽餌状体

ミノアンコウの偽餌状体。
餌となる生物を口元におびき寄せるための器官です。

minoankou2.jpg

鍋にするアンコウやキアンコウのそれは、
片面は体表そっくりの色、そして裏側は真っ白いリボン状ですが、
ミノアンコウでは黒い眼のような模様が入っています。
これは一体何に似せているのでしょう?
僕はアミエビかなと思ったのですが、どうでしょうか。
posted by matsuzawa at 16:10| Comment(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。