2014年03月03日

魚尽くし

先週は久しぶりに海が凪いだので、
三崎のえいあん丸で赤ムツ釣り。
今回は水深250mあたりを狙った。

釣れてきたのは、

エドアブラザメ1.jpg

眠そうな顔をしたエドアブラザメ。

ギス.jpg

かまぼこの原料になるギス。

クロシビカマス.jpg

けっこう厄介なクロシビカマス。
この魚は歯が鋭いので釣り糸が簡単に切られてしまう。
幹糸にはけっこう太いテグスを使っているが、
歯が当たればスパッとオモリごと持っていかれる…。

で釣り物の赤ムツはまあまあのサイズが2匹。
鰭が裂けてたので写真は撮らずに食べちゃいました。

翌日はいつもの定置網漁船に乗せていただいた。
この日はやや時化模様で漁師さんも網を上げるのがなかなか大変そうだった。
やっと網がすぼまってくると、
水面に見慣れない魚が腹を上にして浮いている。

ハシキンメ1.jpg

「お!ハシキンメじゃあないですか」
速攻で漁師さんに掬ってもらい、
大事にクーラーボックスの中へ。
これほどきれいなハシキンメの標本はめったにないと思う。

帰りがけ7キロを超えるブリをいただいた。
しばらく魚尽くしだな。
posted by matsuzawa at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にきれいなハシキンメですね!
ギスもすごくきれいだし、うらやましいです
Posted by 佐土哲也 at 2014年03月05日 08:29
>佐土さん

ハシキンメはラッキーでしたね。

ギスはけっこう釣れますよ。
きれいな魚を手に入れるのは、
やはり釣りが一番です。
Posted by matsuzawa at 2014年03月05日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック