2014年02月10日

雪景色

僕には年間を通して定期的に撮影している生き物がいくつかある。
例えばメダカやトウキョウサンショウウオや、最近ではタガメ。
これらは生物そのもののほかに、
生息地の四季の写真も撮影しているが、
なかなか思うように撮影できないシーンが一つだけある。
それが雪景色だ。

僕が子供の頃に比べると、
雪が積もることはずいぶんと少ないように思う。
メダカやトウキョウサンショウウオを撮影している千葉県では、
雪が降るのは年に数回だし、
ましてや積もることはめったにない。
さらに雪景色の写真になるほど積もるのは数年に一度あるかどうかだ。
メダカの生息地に関して言えば、
10年以上前に撮影した写真がもっとも雪景色らしいもので、
それ以降チャンスに恵まれず、
家が建ち休耕田が増え、
雪が降っても絵にならない景色になってしまった。

先日の大雪の朝はタガメ生息地に向かうことにした。
普段でも片道3時間近くかかる場所。
雪の日にはいったいどのくらいかかるのか見当も付かなかったが、
まだ降り始めたばかりだったので、
到着時にちょうど積もっていればいいかなということで出かけてみた。

ところが意外にも道はすいていて、
普段よりも少しだけ時間をかけたくらいで到着。
まだ雪が少ないので、
数時間待つことにした。

そうして雪が積もった頃に車を降りて撮影。

_W1A8532.JPG

夏に卵を守るタガメを撮影した池は凍り、
生き物の気配は感じられない。
(氷の下にはヤゴなんかがいるのだろうけど)

_W1A8540.JPG

こちらは昨年下の田んぼが休耕田になってしまった。
ここもいつまで田んぼであるかはわからない。

夕方までねばっって帰宅。
そのまますぐに卵の撮影。

_DSC0465.jpg

これは先日知人が飼育するウーパールーパーが産んだ卵。
今のところ毎日連続で撮影している。
ちょっとだけ生き物っぽい形になった。

posted by matsuzawa at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。

あの日TEL貰った時、こんな日に行くかぁ〜普通が正直な感想でした。
「ちょっと出てこれませんか?」なんて言われないかとハラハラしましたよ。
いやいや大変な仕事ですね。

無事帰宅出来たようで安心しました。
また陽気が良くなった時にでも遊んで下さい。
Posted by moto at 2014年02月11日 09:53
>motoさん

さすがにあの日はお誘いできませんでした(笑。
4駆にスタッドレスじゃないと厳しいですよね。
帰り道はけっこうな渋滞で、
ところどころに車が放置されていました。

暖かくなったらお願いします。
Posted by matsuzawa at 2014年02月11日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック