2014年02月02日

大丈夫か?

撮影に必要な魚がどこかで釣れていないかネットで調べていたら、
スロージギングでけっこう釣り上げられていることがわかった。
それも撮らなければならない魚が少なくとも5種以上、
頻繁に釣れているようだ。
餌釣りではそんなにちょいちょい釣れる魚でもないので、
どうやら海底付近を泳ぐ魚食性が強い魚には、
スロージギングはかなり効くようだ。

_MG_4039.JPG

というわけでさっそくタックルを購入。
「スロージギングはリールを巻いてロッドの反発でジグをしゃくってうんたらかんたら〜」とあったが、
なるほどロッドはほぼカーボンでできており、
反発力はあるものの粘りがなさそうだ。

こんなロッドで大丈夫か?と思い、
釣具を扱っている友人に聞いてみたところ、
でかい魚がかかっているときに下手にロッドを立てると折れるよとのこと。
折れないように魚とやり取りするのはもちろんなんだけど、
これは予備にもう1セット持っておかないと心もとないなぁ。
1本で勝負してもいいんだけど、
船の上で折っちゃうとその日は何にも出来なくなっちゃうからなぁ。

レイクトローリングロッドを新調しようかと思っていたのだが、
今シーズンは無理かな。

posted by matsuzawa at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック