2013年08月31日

撮れるときは何にもしなくても撮れるし、
撮れないときはどんなに粘っても撮れない。
生き物の撮影っていうのは結局被写体との縁なんですよね。

_MG_8490.jpg

今回少しだけ撮れたオオサンショウウオ。
まったく撮れないわけでもなく、
かといって満足いくまで撮れたわけでもない。
僕とオオサンショウウオとの間には、
ほんの少しだけ縁があったようだ。

本当はもうしばらく中国地方にいるつもりだったが、
台風の接近により大雨の予報。
今回は早めに切り上げることにした。


中国地方から戻ると、
茨城県自然博物館から展示解説書が届いていた。

img226.jpg

現在開催中の企画展、
「ぎょ・魚・漁〜淡水魚の知られざる生態を追って〜」のものだ。

この夏はなんだかんだで時間がとれず、
まだ見に行けていないが、
来週は数日あきそうなので、
訪ねてみようと思う。

この企画展ではクニマスも飼育展示されているそうだ。
すでに人工繁殖にも成功しているようだが、
まだ数が少ないために、
クニマスが泳ぐ姿を見る機会はなかなか無い。
9月23日まで開催しているので、
興味がある方はぜひ足を運んでほしい。

posted by matsuzawa at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サンショウウオ懐かしいねぇ。
一緒に行ったのって20代じゃったよね^^
Posted by ミツ at 2013年08月31日 23:28
>ミツさん

カメラマンになった翌年だから、
20代後半だね。
今回はあの川には行ってないんだけど、
いくつか見て回った感じでは、
あの川が一番密度が濃い気がしたよ。
今もいればの話だけど。
Posted by matsuzawa at 2013年09月01日 07:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック