2013年02月12日

マンザイ?エチオピア?

久しぶりに魚の標本撮影。

ヒレジロマンザイウオ.jpg

とある施設でいただいたこの魚、
和名を「ヒレジロマンザイウオ」といいます。

そして通称「エチオピア」。
漁師さんの間ではたぶんこちらの名前のほうが通りがいいはず。

なんでマンザイ?
なんでエチオピア?


posted by matsuzawa at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マンザイウ、改めて写真を見ると、やっぱりあの金属光沢がいいですねぇ〜(^o^)

そういえば、昔、吉本がマンザイだけに、生かして捕まえたら賞金100万円ってありましたよね。

でも、さすがに、シマガツオ類の「マンザイ」は、あの「漫才」ではないと思いますが・・・

エチオピアと呼ばれるのも、おっしゃるとおり不思議です。
Posted by 佐土哲也 at 2013年02月14日 12:41
>佐土さん

さすがに漫才ではないですよね。
タマカイの由来も知りたいです。
Posted by matsuzawa at 2013年02月14日 20:58
松沢さん、キツネカスベもブログに出してもらえますか?

あの臭いの魚の写真、見てみたいです。
Posted by 佐土哲也 at 2013年02月15日 09:08
>佐土さん

気が向いたら(笑。
写真で見る分には普通のエイですよ。
臭いは伝わりませんからね。
Posted by matsuzawa at 2013年02月15日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック