2009年01月08日

フナを食べてみた

昨日のブログのヒブナ(金魚?)を北浦にもらいに行った時、地元の方がフナを買いに来ていて、漁師さんはちょうど魚をさばいてる最中でした。とりあえず邪魔にならないように見学していると、フナの尾柄(背鰭と尾鰭の間の部分)に細かく切れ目を入れている。いったいなぜそこにだけ入れるのか話を聞くと、細かな骨がたくさんあるからとのこと。要は骨切りなんですね。


hunanituke.jpg


そういえば僕は淡水魚を撮影していながら、フナって小鮒のスズメ焼きくらいしか食べたことがないなと思い、せっかくなので3匹ほど買ってみた。帰宅後教えられたとおりに調理していざ試食。

「うーん、たしかに小骨が多い・・・」

漁師さんからは「ここ(尾柄)にY字型の骨があるから気をつけて食べな」と言われていたのですが、骨切りをしていない部分にもけっこう入っている。

フナのこの骨の存在については知らなかったので、ちょっと調べてみたのだけど、家には魚の骨格に関する本が無い。唯一金魚の骨格について書かれたものがあるけど、知りたかったY字型の骨にはまったく触れられていなかった。そこでネットで調べてみると、どうやら肉間骨というものらしきことはわかったのだけど、その肉間骨にも色々なものがあるらしい。

さて肝心のフナの味ですがけっこういけます。しかもすべてがメスなので卵は確実に入っていて、これがまたうまい。

posted by matsuzawa at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック