2008年09月13日

ホンビノスガイ

今回から魚の話題と宣言しておきながら、貝の話です・・・。

写真の貝は先日近くのスーパーで見つけたもの。

honbinosu1.JPG



honbinosu2.JPG

「ホンビノスガイ」の名前で売られていて、ポップには丁寧にも「アメリカ原産の外来種で、東京湾で繁殖しています」とありました。
最近は食品偽装などで、勝手に○○アサリとか名前を付けると問題が生じるのかも。
それはさておき、ためしに1パック買ってみることにしました。

まずは焼きホンビノス。
やや旨みに欠けますが、不味くはありません。
そして残りはシーフードカレーに。
ところがこれは失敗。
カレーの味しかしませんでした。

ところで僕は貝には疎いのでいろいろ図鑑を調べてみると、小学館の図鑑NEO「水の生物」に、ビノスとは「美と愛の神・ビーナス」のこととありました。ビーナスといえばシャコガイのイメージですが、本当はビノスガイなんですかね?


posted by matsuzawa at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 水の生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック