2008年07月10日

ツバサハゼ

写真は先日撮影してきたツバサハゼです。


tubasahaze.jpg


今までにツバサハゼを見たことがある方の話によると、滝の落ち込みなど、水が激しく流れる場所に多いとのことでした。なるほど、それならあのうすべったく、岩に張り付きやすい体型もうなずけます。
結局そのような場所ばかり探していましたが、今回見つかったのは淵の底。しかも流れは緩やかで、イメージとはずいぶん違う場所でした。

生き物を探すのに生息環境をイメージするのは大切ですが、あまり視野が狭くなると、かえって見つけるのに時間がかかりますね。
posted by matsuzawa at 08:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり魅力的な魚ですね。
しかし、流れが緩やかな場所で見つかるとは。
私も激しい流れのところばかり探してました。
で、結局見つけられず。
南の魚はなかなか手強いですね。
Posted by チトセアメ at 2008年07月11日 00:23
チトセアメ様
見たことが無い魚は、どうしても図鑑の写真などからイメージするしかないですもんね。魚探しもなかなか奥が深いですね。
Posted by matsuzawa at 2008年08月21日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック