2019年06月14日

服のまま

タガメを撮影してきました。
この時期恒例の卵を守るオスです。

tagame.jpg

車で生息地に向かっている途中気付きました。
「あ、ウェーダー積み忘れた…」
まあいいや、田んぼの際の日よせ(田んぼに引く水を温める浅い場所)で撮影すれば。
ところが毎年のようにタガメが卵を産む杭が、今年はありませんでした。
高い確率でタガメの卵が見られる田んぼに向かうも、そちらはなんと畑になっているではありませんか。
その後も田んぼをいくつか見て回りますが、全く見つかりません。
こうなったらしょうがないということで、ほぼ確実にタガメが見られる池に向かいます。

ひとまず池をぐるりと回り、卵塊を2つ見つけました。
ただ、岸から撮影できるような位置ではありません。
仕方ないなということでカメラを持って服のまま池に入りました。
傍から見たらそうとう怪しいです。
でも、水中に潜み卵を守るオスと、卵塊に水を与える姿を撮影できました。
posted by matsuzawa at 13:01| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学館の図鑑 NEO 「昆虫2」

img20190614_09174489.jpg

新版「水の生物」に続いて「昆虫2」が届きました。
小学館の図鑑NEOシリーズにはもちろん「昆虫」がありますが、新刊は世界の昆虫です。
2,300種も載っています。
ほぼすべての虫が原寸大なので、特に大きな虫は迫力があります。
オオキバヘビトンボとかエンマハンミョウなどは形も相まって、かなりそそられます。

僕は系統樹のページの甲殻類などを撮影させていただきました。

そういえば新版「水の生物」「昆虫2」ともに、カバー裏が見応えがあります。
是非ご覧になってみてください。

6月19日発売
posted by matsuzawa at 09:37| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

小学館の図鑑 NEO 新版「水の生物」

旧版が出てから14年。
このたび小学館の図鑑 NEO 「水の生物」が新版になって発売されます。(新板にはドラえもんナビゲートのDVDがついています)
今回は新たに掲載する甲殻類やアニサキスにヒトデ類、さらにカバーのベンケイガニなどを撮影させていただきました。

img20190612_17033915.jpg

6月19日発売です。
是非ご覧になってみてください。
posted by matsuzawa at 17:33| Comment(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

おそらくここからが

クサフグ2.jpg

クサフグが孵化しました。
右の1匹はちょうど卵膜を破いて出てくるところ。

孵化率は高く、
ほとんどの卵が孵化しました。

さて、難しいのはおそらくここから。
すでに泳ぎ始めている仔魚がいるので、
あらかじめ用意しておいた冷凍ワムシを与えてみましたが、
魚も餌も小さすぎて、
ちゃんと食べているのかどうなのか全くわかりません…。

無事に育ってくれるとよいのですが。
posted by matsuzawa at 16:46| Comment(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

クサフグの産卵

クサフグの産卵を撮影してきました。
ずいぶん久しぶりでしたが、
フグは同じ場所で卵を産んでいました。

クサフグ95.jpg

少しだけ持ち帰った卵。

kusafugu.jpg

順調に発生しています。
冷凍ワムシを餌に孵化した仔魚を育ててみる予定。
posted by matsuzawa at 01:34| Comment(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする