2014年01月27日

イシダイ

先日とある定置網漁船に乗せていただいて、
撮影用の魚を貰ってきた。
帰りがけに漁労長が「持っていって」とくださったイシダイを、
今晩食べてみた。

_W1A8517.JPG
(しかし切り方が雑だね…)

こないだのハチビキのこともあったので、
今回は4日間ほどねかしてみると感激の美味さ。

凝縮された旨みによるものか、
ほのかな甘みがあり、
脂ののりもとてもよいが上品でくどくない。
これほどの感動はビワマス以来かも。


posted by matsuzawa at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

ニュートラル

釣った魚を食べるとき、
その魚の食味についてはできるだけ情報を仕入れないようにしている。
(もちろん食べられる魚かどうかは調べますよ。)
なぜなら美味い魚に当たったときに、
感動が薄れるからだ。

「この魚は美味いよ」なんて聞くと想像が膨らみ、
結局ハードルが高くなりすぎて、
いざ食べたときに「あ〜、こんなもんか」となる。

その点では食用としてはあまり流通しないような、
外道で釣れてくるような魚を食べるのが楽しい。
人から食味を聞く機会がないので、
ニュートラルな感覚で味を楽しめる。

今回の釣りではハチビキに撮影の余剰分が出たので食べてみることにした。
さばいてみると身はアジに似ていたので、
そのまま刺身にしてみた。
下ろした身を切りながら一切れつまみ食い。
食感はちょっともっちりしたカツオのような感じだが…

「うーん?あんまり旨みがない」

そのまま食べても大して美味くもないだろうと思ったので、
一晩冷蔵庫で寝かせてみた。

で、今日もう一度食べてみると、
「あれ?けっこういける」
たった一晩でも熟成されたのだろうか。
もう一晩おいたらさらに美味くなったのかな?
結局全部食べちゃったからわからないけど。

posted by matsuzawa at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

深場

昨日は房総半島南端の平砂浦沖で深場五目釣り。
おもな釣りものは、

_W1A8459.JPG
トゴットメバルとか、

_W1A8453.JPG
ウスメバル。

朝から北風が強く、
波は僕の許容範囲を超えた高さで、
しばらくして何にもする気がなくなった…。

そんな中でもとりあえず

_W1A8446.JPG
ハチビキとか、

_W1A8411.JPG
シキシマハナダイを釣り上げ、
とりあえず目当てのものは無事確保。

ずいぶん前のことだけど、
伊豆の大瀬崎にひたすら潜っていたことがある。
大瀬崎にはシキシマハナダイが群れている場所があって、
そこにも何度か潜ってみた。
確か水深は60メートルくらいだったと思う。
その頃はけっこうそんな水深にも潜っており、
一度だけダブルタンクを組んでさらなる深みへと行ったことがある。
そこでは特に珍しい魚が見つかるわけでもなく、
激しい窒素酔いにみまわれ、
さらに1時間を超える減圧にうんざりしただけだったけど…。

僕は海釣りの中では、
水深100メートル以深を狙う釣りが好きだ。
たぶん僕が潜ることが出来ない深さの魚たちを、
釣りを通して見ることが出来るからだと思う。

_DSC0008.jpg
今回釣れたアズマハナダイもきれいな魚だ。
釣りではやはり深場でわりと釣れる魚だが、
水中では1度も見たことはない。
posted by matsuzawa at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

初釣り

2014年の初釣りは、
三浦半島三崎港のえいあん丸で出港。

_W1A8392.JPG

釣りものはオニカサゴ(イズカサゴ)だけど、
例によって外道狙い。

オニに混じってこんなのが釣れた。

_W1A8379.JPG

フサカサゴ

今回はお客さんが少なかったこともあり、
ちょびっと外道狙いのポイントを流してくれるという(感謝です)。
水深130mに到達した仕掛けにいきなり食ってきたのは、

_W1A8351.JPG

サメでした。
(フトツノザメ)

で、こちらがサメとファイトしている最中に、
後ろで釣ってた友人が釣り上げた魚。

_W1A8403.JPG

マアジに似てるけど体がやけに細いし、
釣った直後には体側上部に暗色斑が並んでるし、
「なんですか?このアジは?」という感じでした。
友人が撮影用にくれるというので、
持ち帰って調べてみたら、
どうやらマアジのクロアジ型らしい。
マアジにキアジ型とクロアジ型の2型がいるのは知ってたけど、
恥ずかしながらクロアジ型の実物を見たことがなかった。
正直色の違いくらいなのかと思ってたけど、
別種と思えるくらい形も違ってたのね。

帰ってからこれらすべてを、
鰭立てをして撮影。
疲れた…。
posted by matsuzawa at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

今月は

ソトコト2月号

img333.jpg

今月はオガサワラヨシノボリについて書かせていただいてます。

特集「なじみの本屋」も面白かったですよ。
posted by matsuzawa at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする