2013年07月20日

おすすめ

昨日は打ち合わせのために久しぶりに都内に出かけた。
終了後せっかくなので大型書店に欲しかった本を探しに行く。

img213.jpg

見えない脅威“国内外来魚”どう守る地域の生物多様性(東海大学出版会)

全編にわたって興味深い内容がぎっしりです。
実際に日本の水辺でどのようなことが起きているのか、
この本を読めばわかるはず。
水辺環境に興味がある方は一読することをお勧めします。


そしてもう一冊はこちら。

img214.jpg

小学館の学習百貨図鑑45 水生昆虫(小学館)

先日取材で伺ったお宅で見せていただいた一冊。
ネットで探して買いました。
今では考えられませんが、
子供向けの図鑑でこのようなラインナップがあったのですね。
写真の使いかたも大胆で、
見開きで2〜4点で構成されているページが多いので、
迫力があります。
たぶん絶版になっているのではないかと思いますが(違ってたらごめんなさい)、
水生昆虫大好きという方にお勧めの一冊です。

posted by matsuzawa at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

長かった〜

先日Kさん宅で水生昆虫の取材。
撮影自体は1時間ほどで終わったので、
そのまま二人でタガメ池に行ってみた。

到着早々卵塊を守るオスをKさんが発見。
すぐにカメラを取り出して近づくと、
オスはそそくさと水中に潜ってしまった。

今年はこの池以外ではあまりタガメを見ていない。
それならばということで、
Kさんが最近幼虫を数匹見かけたという場所を案内してくださった。

こちらでも到着早々Kさんの網に新成虫が入った。
さらに羽化直前と思われる5齢幼虫まで捕まえるところはさすが。
これはさっきの新成虫と兄弟かな。

ところでこの日は夜間の撮影を想定していなかったので、
ストロボなどの器材が一切ない。
羽化の様子を撮影したかったこともあり、
Kさんには申し訳なかったが、
その時点で採集を切り上げ急遽帰宅。
もちろんこの幼虫は大事にお持ち帰り。

幼虫を庭の撮影セットに放してその瞬間をじっと待つ。
けっこうギリギリの状態で、
すぐにでも羽化が始まるかと思っていたけど、
場所が気に入らないのかひたすら待機が続く。
幼虫を入れたのがPM8時。
そしてやっと羽化が始まったのが深夜1時半。
すべてが終わって時計を見るとすでに3時を回っていた。

_W1A2785.jpg

いやあ長かった。
でもね、こういう瞬間が見られるとやめられないんですよね。

posted by matsuzawa at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

ポチャン

先週は原稿を書いたり、写真を整理したりと自宅での作業が多かった。
さすがにこの暑さじゃ撮影も採集もけっこうきついので、
エアコンが効いた部屋での作業は楽チン。
しかしやっぱりじっとしてられないんですね。
週半ばで我慢できずついタガメ池へ。

例によってタガメの卵塊の捜索。
この日も4つ見つけた。
他にもないか探していると、
枯れたガマの根元でゲンゴロウが甲羅干し。

70.jpg

おっと、これはチャンス。
慎重にそうっとカメラを近づける。
ちょっとした振動ですぐに池に落ちちゃうからね。
本当はレフをあてたり、
アングルを色々かえてみたりしたかったんだけど、
とりあえず数カット撮影。
ゲンゴロウは姿勢を変えずそのままだ。
これなら色々撮れるかもと思いカメラを引いたその瞬間、
「ポチャン」

あらら。
淡い期待とともにゲンゴロウは池の中へ…。
やっぱりだめだったか。

posted by matsuzawa at 16:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

やる気満々

梅雨明け宣言が出された昨日、
急遽タガメ池に行ってみた。
朝方motoさんにお誘いの電話をするも仕事でだめ。
Kさんも仕事でだめ。
仕方が無いので一人で出動。

今回は水中カメラを2台持ってきた。
卵を守るオスを半水面で撮ろうかなと思ったから。
ため池ではふつう潜るような人がいないので、
水着の上に着るウエットスーツだと怪しすぎるかなと思い、
服の上から着ることができるドライスーツを車に積んできた。
(それでも十分怪しいけど…)
現場に到着して準備を開始。
それにしても暑い。
車の温度計は35℃を表示している。
さすがにこの気温のもとでドライスーツを着たら倒れそうな気がしたので、
水没覚悟でウェーダーで入ることにした。

とりあえずカメラを岸に置いて、
ため池の中を探索。
4つのタガメの卵塊を見つけることができた。
ただどれも水面から比較的高い位置に卵が産みつけられているので、
卵塊と卵を守るオスを一緒に写すのが難しい。
その中でも一番低い位置に産みつけられていた卵を見ていると、
振動が伝わったためかいきなりオスが草を登ってきた。

_MG_3822.JPG

たいがいのオスは人が近づいても「私は枯れ葉です」という感じでじっとしているのだけど、このオスは違う。
「やってやろうじゃないの」って、
鎌を広げて威嚇してくる。
いいねぇ!このやる気満々な姿。

posted by matsuzawa at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

金魚と本栖湖

掲載誌のご案内。

巻頭カラーで金魚特集。
金魚のかわいらしさが伝わるページです。

img205.jpg

よいこのがくしゅう「ぴっかり7月号」(学研)


KBA(Key Biodiversity Area)の記事で、
本栖湖の写真を使っていただいています。

img206.jpg

「ソトコト」(木楽舎)
posted by matsuzawa at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

マグロ釣り

僕がボート免許を取ったときの実技講習の先生のヨシさんと、仕事仲間のサトーさんが偶然にもお友達。そんな縁で、これまでに2回ほどスズキのボートフィッシングに連れて行っていただいている。そして昨日はなんとマグロのトローリングにお誘いいただいた。

出港は朝4時。眠い目をこすりながらヨシさんの話しを聞いていると、先週は他船が70sの本マグロ(クロマグロ)を上げたとのこと。「な、70s!?」えーっと、70sって何人前?1人が5貫食べるとして、サクひとつが200gとして…。まあどうでもいいや。とにかくでかいやつがいるわけですね。これで一気に目が覚めた。

港から3時間ほど走ってポイント到着。いよいよタックルの準備。

_W1A2079.JPG

今日はこれで狙いますと差し出されたのは、今までに見たことも無いようなごっついタックル。なんですかこのリールは!大きさを比較するための適当なものが思い浮かばないけど、ゴルゴ13のコミックを6冊積んだくらい?ロッドもグリップが「へ」の字に曲がっていてかっこよすぎ。さあ来い、Big Tuna!

_W1A2097.JPG

途中クジラの群れに遭遇(ツチクジラ)。
しかし魚の反応はない。
マグロを狙うには海水温がちょっと低いとのことで、
厳しい状況らしい。
「あと30分流してだめなら帰りましょう」と船長がおっしゃって間もなく、
リールが逆回転する音。
おー!ついにキター!
って、あれ?けっこう簡単にリールが巻けちゃう。
途中でサトーさんと巻くのを交代。

_W1A2103.JPG

上がってきたのは1m弱のシイラ。
魚はそれなりの大きさがあるものの、
リールのパワーがありすぎて楽々上がっちゃったわけですね。

結局魚はシイラ1尾で終わってしまったけど、
充実した楽しい1日だった。

ちなみに今回お世話になったマリーナはこちら。

マリーナ千葉

レンタルボート(エンジン船)もあるので、
海のボートフィッシングに興味のある方にお勧めです。


posted by matsuzawa at 09:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする