2013年06月26日

ビヨン!

さらに続く虫の撮影。

今日はオニヤンマの羽化。

_W1A1676.jpg

ヤゴの殻から抜け出るときは大変そう。
柔らかい体でゆっくりゆっくり出てくる。
大部分が抜け出ると、
そのまま逆さまの姿勢でしばらくじっとしているのだけれど、
突然「ビヨン」と起き上がり、
脱皮殻にがっちりつかまる。

_W1A1677.jpg

弱々しい体で、
なんでそんなに素早く動けるわけ?
ちょっとびっくり。

このシーンは写真より動画のほうが面白いかもね。
posted by matsuzawa at 19:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

ムシムシ

最近撮影しているもの。

hattyou.jpg
ムシ(ハッチョウトンボ)


tagamesanran.jpg
ムシ(タガメの産卵)


genji.jpg
ムシ(ゲンジボタルの卵)


ginyanma.jpg
ムシ(ギンヤンマの羽化)

ムシムシな日々が続いています。


him,emasu1.jpg
でもたま〜に魚(ヒメマスの幼魚)



posted by matsuzawa at 12:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

NEO POCKET「水辺の生物」

昨日届いた新刊。

img197.jpg

小学館の図鑑NEO POCKET「水辺の生物」です。
フィールドで持ち歩くことを目的に作られたNEO POCKETは、
新書サイズのハンディー版NEO。

NEO POCKET「水辺の生物」の特徴は、
なんといっても環境ごとに掲載種が分けられていること。
これは野外で生物の種を調べるのにとても使い勝手が良い。

さらにNEO「魚」「水の生物」にも掲載されていない種が載っています。
例えば川や沼の生物のページでは、
タビラ5亜種がすべて載っています。
琵琶湖のページにはアブラヒガイやビワヨシノボリ、オグラヌマガイも。

まさにポケットサイズのNEOですが、
いやいやあなどれませんよ。

posted by matsuzawa at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする