2013年02月28日

ギリギリ

このところ原稿書きやら確定申告やらであまり撮影をしていなかったのですが、
気付けば2月も終わり。

しまったあ!
肝心なの撮るの忘れてた。

さっそく撮影でお世話になっている動物園の方に連絡をとると、
「ギリギリ大丈夫かも」というお返事。

で、何を撮りたかったかというと。

_MG_3901.jpg

ヒキガエルの冬眠です。

動物園の自然観察園でヒキガエルの冬眠が見られると聞いたのは昨年春のこと。
僕がヒキガエルを撮影している自宅近くの場所では、
いまだに冬眠場所が見つけられていないので、
ぜひとも撮りたかったシーン。
今日は気温がかなり上がったので、
すでに産卵に向かったかなとも思ったのですが、
間に合ってよかった。

ところでヒキガエルってけっこう深く土に潜って冬眠するのかと思っていたのだけれど、
案外浅いところで眠ってるのね。

ひとまずヒキガエルは存分に撮影させてもらったので、
昨年見せていただいたカブトムシの幼虫も撮影させていただくことに。

同じ観察園の中の落ち葉をよけてみると。

_MG_3751.jpg

いっぱいいました。

先日のザザムシ以降、
幼虫を見ると「これって美味いのかな?」と思う自分がちと怖い。


posted by matsuzawa at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

ごめんなさい

先日長野県の伊那地方にザザムシ漁の取材に行ってきた。

漁の様子は本が出てから見ていただくとして、
今日の写真は撮影用に買ったザザムシの佃煮。

_DSC0428.jpg

見た目はまあなんですが、
味は結構いけます。
いやホント。
食感といい味といいエビに似てます。

さて、取材は朝早くから始まる予定だったので、
現地には前日入り。
漁師さんとの打ち合わせの後、
担当編集者さんと居酒屋に行きました。

とりあえずメニューを見ると「さなぎ」とある。

さなぎ???

さなぎってあれですよね。
幼虫と成虫の間のステージの、
じっとして動かないあれですよね?
なんのさなぎ?
カブトムシ?

カウンターの店員さんに聞くとさなぎはカイコのものだという。
僕にとってカイコのさなぎは鯉釣りの餌のイメージしかない。
さすがにこれは頼めないなと思ったけど、
ひとつつまんでみてくれという。
食わず嫌いはよくないし、
経験もせずにああだこうだとは言えないので、
1匹口の中に放り込んでみました。

・・・・・

ごめんなさい。
僕には無理です。

posted by matsuzawa at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

マンザイ?エチオピア?

久しぶりに魚の標本撮影。

ヒレジロマンザイウオ.jpg

とある施設でいただいたこの魚、
和名を「ヒレジロマンザイウオ」といいます。

そして通称「エチオピア」。
漁師さんの間ではたぶんこちらの名前のほうが通りがいいはず。

なんでマンザイ?
なんでエチオピア?


posted by matsuzawa at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

金魚の糞

狙っている写真が撮れません。

金魚が長い糞をしているところを撮らなければならないのだけど、
理想の糞をしてくれないのです。
金魚を飼育していると、
ごく普通に見る長い糞。
でも、いざ撮影しようと思うと、
絵に描いたような長い糞はなかなかしてくれないんですね。

どうしたら長い糞をしてくれるのか、
その方法がないかネットで調べてみました。
まあ、そんなことを考えている人もいないだろうとは思ったんですが、
意外にもヒントになりそうなことは見つかりました。
「植物質の餌をとると長い糞をする」とか、
「沈下性の餌を食うと長い糞をする」とか。
何が理由でそうなるのかはわからないけど、
きっと本人が感じたり経験したことが書いてあるのだろうから、
試してみる価値はあると思う。

ryuukin.jpg

数センチのところで毎回糞がちぎれてしまうので、
今日は金魚の姿だけ撮影してみました。


posted by matsuzawa at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする