2012年12月29日

来年は

今年から始めたレイクトローリング。
その魅力にすっかりハマってしまい、
ついにはルアーまで作るようになってしまった。

_MG_2785.JPG

左は夜光貝、右はアワビを削りだしたもの。
ルーターで原貝を切り出し、
グラインダーで荒削り、
サンドペーパーで形を整えて、
最後にバフで磨く。

このルアーで来年は大物を釣り上げたい。
posted by matsuzawa at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

大人買い

今日はいつも撮影でお世話になっている問屋さんで、
写真の金魚を大人買いしてしまった。

_MG_2766.jpg

何でこんなに買ったかというと、
生まれた仔魚を撮影するため。

産卵期であれば雌雄は簡単に判別できるのですが、
さすがに今の時期ではちょっと自信がない。
そこで確実に雌雄がそろうように、
ちょいと多めに買ったというわけ。
これから春までかけて金魚のコンディションを整えていこうと思う。
posted by matsuzawa at 18:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

自信

このところちょっとハマっているルアー作り。

_MG_2746.jpg

といってもアワビシート(薄いシート状に加工したアワビ)を、
無垢のスプーンに貼っただけのお手軽チューン。
でもたったこれだけのことでも、
ルアーの雰囲気が変わるのですよ。

_MG_2758.jpg

真ん中が無垢、両隣が加工済み。

_MG_2751.jpg

これはだいぶ前に100円ショップで買ってあった野ねずみスプーン。
三平がイトウを釣るときに使ったルアーですね。
しかしそこは100円ルアー、塗装は灰色一色でとても残念な感じ。
そこで今回一緒にチューニング。

_MG_2752.jpg

かなりいい感じ。

以前、とあるルアーメーカーの方と話しをしていたとき、
「ルアーは魚が釣れる以前に人が釣れなければだめなんですよ」とおっしゃっていた。
どんなに魚が釣れるルアーであっても、
人が魅力を感じるルアーでなければ売れないということなんだろうけど、
魅力がないルアーは自信をもって使えないのも事実。
水中の出来事は陸の上では想像の世界だから、
「このルアーなら魚は食う」っていう自信が欲しいんですよね。


posted by matsuzawa at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

変わり映えが

今日は酷使しすぎて破れたタモ網の張替え。

_MG_2731.jpg

網は枠に針金で巻きつけます。
もともとはステンレスの針金だったんですが、
ちょっと色のアクセントが欲しいなと思い、
真鍮の針金を使って「松沢オリジナルタモ網(っていうほどでもないけど)」にすることに。

_MG_2736.jpg

手前が真鍮の針金、奥がステンレス。

がんばって巻いてはみたものの、
たいして変わり映えがしなかった。
残念。
posted by matsuzawa at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

ちょっと怖い

人が倒れているわけではありません。

_MG_2721.jpg

前回の湖で今年の水中撮影は終了したので、
潜水器材のメンテナンス。
ドライスーツ(服の上から着ることができる潜水用のスーツ)のピンホールを探すために、タンクの空気で膨らましたところ。
(タイヤのパンク修理と同じです)

_MG_2724.jpg


ちょっと怖い…。





posted by matsuzawa at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

似てる

僕は哺乳類については疎いので、
たまたま見かけたときに、
たまたま手が届く範囲にカメラがあれば撮影する程度。

そんな僕でもサルって面白い動物だなと思う。
しぐさとか表情とか見ていて飽きない。

_MG_2310.jpg

ノミを取るニホンザル。
「ノミっておいしいの?」って思うけど、
そのままポイって捨てるより確実に退治できていいのかな?

_MG_2619.jpg

湖畔にあった、たぶん船を引き上げるためのウィンチ。
なんか似てる。
posted by matsuzawa at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

いるんだねえ

昔からそうなんだけど、
夏になると南に撮影に向かい、
冬には寒い場所に行くことが多い。

被写体となる生物の活動にあわせると、
どうしてもそうなってしまうからしょうがないんだけど、
さすがにこうも寒いと潜るのがちときつい。

_MG_2285.jpg

標高1300mほどのところにある湖。
湖岸の流木にはつららができている。

_MG_7747.jpg

魚の背景が暗いのは夜に潜って撮ったから。
冬の夜の湖は寒い上に不気味だけど、
やっぱり潜ってしまう。

ちなみにこの魚、
全長が80pくらいありました。
普段はどこに潜んでいるのか分からないけど、
いるんだねぇ。
さらにでかいヤツも数匹みかけたので、
来年はなんとかこんな大物を釣りたいなあ。

※魚の写真は関係機関に湖での潜水許可をいただいて撮影したものです。


posted by matsuzawa at 14:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 淡水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする